--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
10.11

なの入院

Category: 未分類

ユンたんが逝ってから、まるで別鳥のようになってしまったなの・・・

遊びもせず、食べもせず、一日ボーっとしているか首を背中に埋めて寝ていたり

そんななのが心配で、色々と手を尽くして来ましたが

昨日朝から、全く採食しない状態が続き体重も減少・・・


パウダーフードの強制給餌を4回しましたが、後は全く自力では食べず、、、

見ていると、大好きなひまわりや麻の実を啄ばむのですが

殻を剥いただけで捨ててしまいます・・・


仕事を休み、病院に連れて行きました。

診断はほぼ、私が考えていた内容と合致。

産卵による負荷と、ユンを亡くしたメンタルな問題、そして換羽によるストレス

もともと、虚弱体質ななの、、、肝臓も悪いのだと思います。


強制給餌出来るのなら、注射を打ってから自宅介護でも良いと言われましたが

明日、明後日と病院が連休になる事と、今の私の精神状態では

適切な介護と判断に自信が持てない事などを鑑みて、なのは預けて来ました。


『ものを思う鳥たち』という著書の中で、連れ合いに死なれ残された鳥が、後を追うように

逝ってしまったという記述がありますが

なのも、ユンたんを喪い、寂しいのだと思います。

いつも、ユンの後を付いて歩いて一緒に遊んでいたなの

嘴の手入れも、羽繕いも、ユンたんに任せ切りで甘えていたなの


私がシェルを諦められないのと同じように、なのもまた、ユンを諦められないのかも知れません



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。