--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
04.13

蓮の容態

Category: 未分類
今年になって、あまり飛べなくなって来たシナモン文鳥の蓮♂6歳

今月に入ると、右足が殆ど利かなくなり上下の止まり木移動にも苦労するように。

夜中に止まり木から落ちてパニックになる回数も増え始め、そろそろ対策をと思うものの

いきなりバリアフリー風にしちゃって、気力が減退してしまうもの可哀想だしと

ケージのレイアウトをあれこれ考えて、対応してきました。

昨日の朝、餌箱の上に蹲る蓮、、、中には産卵中の♀がするような大きくて臭い溜めフン

アイリングは白く、足も冷たい・・・。

看護用のケージを用意し、保温して様子を見る事に。

低く付けた止まり木からも落ちてしまうので、手を温めて抱っこしました。

全く元気が無く、声も出さず、それでも私の手の中で安心したように脱力して眠り始めました・・・。




PICT0002.jpg




ちょっと見、、、コワイですけどちゃんと生きています



PICT0006.jpg




仕事が休みだったので、半日こうしていました。

だってずっと目を開かないんです。何時間もずっと、このまま。。

正直なところ、もうダメかもしれない、、、そう思いました。

全身の筋力が衰えて飛べなくなり、脚力がなくなり、痙攣の発作が出ている。

餌も殆ど食べず、フンの出もかなり悪い。。。

排泄する力も弱くなってしまっているのか、内臓腫瘍で神経が圧迫されているのか



爪切りでさえ失神してしまうビビリィな蓮、、、とても通院や診察のストレスには耐えられない

まして手術なんて選択肢は蓮の場合は有り得ない。。。

蓮の為に私が出来る事・・・ それはこうしてずっと抱っこして上げる事くらいでした。



PICT0018.jpg



今朝、もし具合が悪そうなら仕事を休むつもりでしたが、昨日は無言だった蓮の囀りが・・・

フンは相変わらず出辛く何回もお尻を振っていますが、餌をついばみ始めました。


PICT0033.jpg



ちょっと復調したようなので、暫くは介護用ケージ暮らしで要観察です。

同い年の凛♂白文鳥は、ぴんぴんしているんだけど、固体差があるんですね・・・。


PICT0025.jpg




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。