--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
09.10

ユンたん、逝く

Category: マメルリハ
アメリカンイエロー♂3歳のユン、先月からなのと初めての巣引き中でした。

なのと一緒に巣箱に篭り、とても熱心に抱卵していましたが

9/6、無精卵だった為巣箱を撤去し2羽を出すと・・・

30gだったなのは37gに、34gだったユンは26gになってしまっていました。。。

巣引きの間、自分の分までもなのに餌を与え続けてしまったユンたん

急いでパウダーフードを給餌し、病院に連れて行きました。


診断は、急性栄養失調による脳障害・・・

意識は混濁し、頭を下げたままのユン、、、


即入院となりましたが、既に覚悟はしていました。

巣引き中に親鳥が痩せる事はよくあるが、♂がここまでしてしまうのは

初めて見たと、主治医に言われました。


もっと早く、巣箱を取り出していたら・・・

そんなユンに気が付いて上げられたら・・・


翌朝、病院からユンの訃報を受け、、、お迎えに行きました。



PICT3167.jpg





PICT7024.jpg


いつも、甘えん坊だった可愛いユンたん


PICT7039.jpg



雛の頃はお布団ネンネ、オトナになっても掌でネンネしてたユンたん



896097193_214.jpg



なのと仲良しで、いつも面倒見て上げた優しいユンたん





ごめんね、助けて上げられなくて

ごめんね、ユン

なのが、あなたを呼んで

なのが,あなたを探して

申し訳ない気持ちで一杯になる。。。



スポンサーサイト
2008
09.03

Category: シェル

お悔やみのメールを頂いています。

お返事出来ず、申し訳ありません・・・。


いつまでも休む訳にいかず、仕事に復帰していますが

ふいに涙が零れ落ち、同僚を驚かせています


何をしていても、シェルが居ないという現実が頭から離れず

悲しいとか、辛いとか、既にそういう感情を超越した虚無感だけが

全身を染み渡って行きます。。。

身体の一部を失っているのに、なおその機能を再確認しようとするような日々


たった100gの存在が、この2年の間にこんなにも深く強く

私の生活に結び付いていた事に、私は驚きそして感謝しています。

シェルと出会えた事、たった2年だったけれど一緒に暮らせた事

そしていつか、この2年が20年分の時間だったと思えるようになったなら

私とシェルとの時間は、大切な思い出に変わるでしょう。。。


シェル、家に来て楽しかったかな?

シェル、あなたは幸せだったかな?




PICT0419@.jpg



あなたは私の最高のコンパニオンバード、、、今までも、これからも






back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。