--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
03.28

pina子通院


今年の6月で一歳になるサザナミクリームイノのpina

家に来た生後21日目、体重31gしかなく全身化膿して羽毛が無い状態でした。




PICT0409.jpg




生後一ヶ月を過ぎても状態は変わらず、むしろ明確になりました。

羽毛が伸びるはずの毛穴からは出血と膿が、、、

ところどころ、羽軸が折れたり、皮下に膿腫が出来てごろごろしていたり


PICT0645.jpg



そのままにしていては、新しい羽が生えてこないので

目に付く限りの膿腫を、ひとつ、ひとつ、時間を掛けて取り出しました。



PICT0849.jpg




そんなこんなで色々なサプリを飲ませながら、何とかいっちょまえになったpina子ですが

先日、尾脂線が大きく腫れて盛り上がり、化膿しているように見えたので

急遽小鳥病院に・・・。


PICT1415.jpg



プラケースに入るのは昨年の通院以来、、、

緊張をほぐす為お気に入りのピンクのブタちゃん同伴です(笑)


診察結果は、、、

化膿ではなく、長い間溜まった脂が詰まり固まったものでした。

雛時に尾脂線の組織が壊死してえぐれてしまい、本来の形から変形してしまったので

スムーズに分泌されなかったのではないかという事でした。



細胞組織が再生されるレベルではないので、奇形のまま今後また再発もあるらしく

日常的なチェックが必要です。

目が突出していると指摘を受け、、、やっぱりな、と。。。

頭蓋骨が充分成長し切れず、眼球が収まらなかったのだろうと・・・

でも、胸骨の成長を褒められました。雛時に大病をした子は身長が出にくいのに

よくここまで育てましたね、、、と。

いつになく優しいドク、、、(笑)



昨年掛かった病院では、当初の治療や病名よりPBFDの検査オンリーで

イマイチ釈然としませんでしたが、今回あの時の病状を説明され納得しました。

感染症から敗血症を起こし、雛時は羽毛の成長過程で血流がすべて毛穴に向かうので

体表に症状が現れたのだろうと。。。

お迎え時には既に羽軸が化膿していたpina、、、巣箱内感染と思われます。



他にも、こんな事あんな事、今後起こり得る疾患についても

話をされましたが、、、まぁ、その場その場で向き合っていきますゎ



             イロイロ アルワヨ


PICT1435.jpg






スポンサーサイト
2008
03.24

ライバル

シェルぷ、遊び疲れて寝る3秒前・・・


PICT1784.jpg



・・・・・2・・・・・



PICT1790.jpg



・・・・・1・・・・・



PICT1796.jpg



ハイ、おやすみなさいっ♪





ボクモ ボクモ~~~♪

と、シェルには必ず絡んでくるSerinちゃん、、、


PICT1834.jpg




・・・・・1・・・・・


PICT1836.jpg




・・・・・アレッ? 1デ ネチャッタ~~~ァ   プリッ♪



PICT1840.jpg




       クショー マタ ヤツニ モッテカレタ・・・・・



PICT1583.jpg




      
2008
03.19

海へ・・・

Category: 未分類
今日はハッキリしないお天気だけど、昨日は温かな関東でした。

仕事が休みだったので、自転車でちょっと海へ・・・

江ノ島の手前でボ~~~ッと




PICT2067.jpg




仕事中の鳥飼いさんにメールしたり←迷惑なヤツ

からすとカモメの追いかけっこ眺めてました(笑)


PICT2071.jpg



帰りに寄ったショップで見つけた、一応みんなファンキーな鳥さんのTシャツ

流石に外で着る勇気はないので、部屋着としてゲット(笑)




PICT2083.jpg




オルスバン ツマンナイカラ コノナカデ アチョンデタノ >汐帆(シフォン)



PICT2040.jpg



無農薬ヘチマが最近のお気に入りのボタンインコ、チポポ♪


PICT2052.jpg



ダッテ ダチテクレナインダモン



あいたた、、、耳痛い~~(^^;

汐帆を出すにはとっても勇気がいるもので・・・ね(笑)




2008
03.17

誰が一番?

Category: シェル
家で誰が一番放鳥時間が長いかと言えば・・・



PICT1967.jpg




ハイ、勿論この方ですね。。。
何しろ喧しい事この上なく、防音効果のあるはずのアクリルケースも
ただの箱モノといったところ(--;

シェルばかり出し過ぎ、甘やかし過ぎ、とのご批判を浴びつつ
(和室のラック組からブーイングと羽が飛んで来ます)
ついつい、我が侭王子を益々ワガママにしてしまうダメ飼い主(^^;



そして、しずか~~に、でも確かな決意を持って
うるうる光線を発してまんまとケージの扉を開けてもらうのは、、、



PICT0182.jpg



ハ~~イッ! ○○○セリンチャンデーーーーーーッチュ♪

Serinはね、、、パソコンの横にケージがあって私がPCやっている時は
大人しくケージの中で遊んでるんだけど、一度目が合うと

セリンチャンッ セリンチャンッ!と言いながらいそいそと下の扉の止まり木に下りてきます(笑)
そしてじ~~~~っと見つめるの、、、この少女マンガの瞳で(爆)



んなヤワナコト、やってられないわよっ!
と、コーヒー飲み終えたカップに嵌る、無芸大食なマメルリハ←ひどっ



PICT0154.jpg



む~むことラム@ブルーマメルリハ♀です(笑)
この仔は私には優しく、鳥には厳しい、、、表裏の激しい仔です^m^
掴んでも握っても怒らない、、、
あっ、でも他の人にはダメみたいだけど
ヒマワリとアサノミに目がありません・・・太るぞ~~~



そして新種のコブラッ!?
みたいな形相のなの@アメリカンイエロー♀(笑)

この写真は以前友人が撮ってくれたもの、、、なのちがこんなコワい顔出来るなんて
知らなかったよ~~、なのちのクセに生意気ぃ(笑)

2007_1111FINEPIX0034-1.jpg



生まれつき身体の震えが止まらず、皆のように飛ぶ事も出来ないけれど
今もなお、ニギコロしたまま寝てしまう甘えんぼちゃんです♪



2008
03.11

らしい顔

サザナミっぽい(正真正銘のサザナミだけど(笑)お顔でポーズを取るSerin

最近の朝のお喋りは オハヨ~~~ゴザイマチュッ! コンニチハ ○○○Serinデ~~~~チュッ!

Serinチャーーーンハオリコーサンッ! コ~トォリ~ハトーーーーーッテモウッタガチュキーーーーッ!

スキスキヨー チュッチュチュッチュチュチュッチュッ!←Kissの嵐(笑)


誰も側にいない時に限って、結構な音量で絶叫しています。

洗面所に居ても聞こえるって、、、シェルよりすごいじゃん(^^;

何でカメラ向けると黙るのよぉぉぉ



PICT1675.jpg


 

ダッテー ボク シャイナンダモーン


PICT1630.jpg




ママ アチョボー


PICT1934.jpg




ンーーー チョット


PICT1653.jpg



ネムイカモ~



PICT1654.jpg




お喋りではSerinに差を付けられているシェル(笑)

Serinが小鳥の歌を歌いだすと、唯一歌えるハトポッポ(しかも1フレーズ)で対抗・・・

劣勢を悟ると、ママーーーッチュキチュキチュキーーーーッ!!を連呼

シェルも必死です(笑)



甘えたのモフモフ顔♪

PICT1773.jpg






カイテ・・・


PICT1776.jpg



サザナミもオカメも、可愛いです(^^


2008
03.08

フジギなpinaちゃん

日々、プリティーピナチャンッ!オリコーピナチャンッ!と自画自賛しているサザナミpina子

実はこんな顔、、、したりします(笑)


PICT1568.jpg



雛の頃の病気で、一部全く毛穴が無い部分があって、麻呂マユが・・・

PICT1703.jpg




おっ、、、麻呂と呼ばれてムッとした???

PICT1745.jpg



フ~~~ンダァ 

PICT1714.jpg




麻呂ジャナイモ~~~ン、、、カキカキ♪


PICT1724.jpg



ガオ======ッ!


PICT1701.jpg



アレッ ナニ オコッテタンダッケ???


PICT1722.jpg




と、すぐに忘れるサザナミ頭のpinaちゃん(笑) 七変化でした~♪


      * 写真のくちばしの斑点は、外傷による内出血と思われます。今は無くなりましたので
        心配しないでね(^^


2008
03.03

セキセイず、それぞれ

Category: 未分類
シロハルのkuri、AGY(メガバクテリア)で雛の頃治療、、、その後遅れた雛換羽時に再発
3週間、鳥病院に入院し生還した強運の持ち主

今は元気一杯、ノリノリエロエロ(爆)です


PICT1241.jpg




紗羅、、、こちらもAGYで開口呼吸、具合悪そな雛でした。プラス脚気、カンジダ有り・・・
かなり通院掛かりましたが、体力、足力は回復

セキセイずの中で一番若い、kuriと♂同士禁断の仲(^^;

PICT1294.jpg




パール、、、中雛でそのうぶよぶよ、嘴縦割れ状態でお迎え
翌日から通院、投薬、換羽を待たずに毛引きを繰り返し血だらけだった生後8ヶ月
4回目の生え変わりで漸く、ストップ・ザ・毛引き(笑)

ただ今効果の上がらないダイエット続行中~(^^;


PICT1248.jpg




リリィ、岐阜出身のアルビノ君。我が家で唯一健康な雛でお迎え♪
その後も病気知らずで手が掛からない、ゴーイング・マイウェイタイプ

写真を撮る時、なぜかいつもヘンテコになってしまう謎の鳥(笑)


PICT1269.jpg



昔はショップで具合の悪そうな仔を見ると、つい連れて帰ってしまいました。
(大きい鳥さんは無理だけどね)
でも、今はもう出来ない。。。

近くのショップに、片足を上げたまま膨らんだカナリアが一羽・・・。


                                         ごめんね・・・。





back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。